水引館 みずひきやホーム
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   サイズについて 字の見本 法人様向け商品ページ

  1. ホーム
  2. ご祝儀講座
  3. 質問一覧
  4. 弔慰金の目録の書き方 

弔慰金の目録の書き方

下で弔慰金用の目録の書き方を説明致します。
ご自分で書かれる方は、ぜひ、参考にして下さい。

>>> 弔慰金の目録の代筆を承ります。ご注文は、こちら!

弔慰金目録例

上の写真は、目録(中入れ)の見本です。
「金百萬圓也」のように金額を大きめに書きます。

なお、募金等で金額が細かくなった場合(例:59万1205円など)、
1行で書ききれないことがありますので、
金額を小さめに書くか、
または「金五九万一二〇五円也」のように簡単に書きます。


振込日と、お渡しする日が離れている場合は、振込日をご記入下さい。
渡す日や振込日が未定の場合は、日付は「平成○年○月」だけでも良いでしょう。


上の写真の例ですと、「株式会社水引館」の部分が差出人の名前です。
宛名は、「鈴木太郎様」のように敬称を付けます。
宛名は亡くなった方の名前ではありません。

※上記は書き方の一例です。

目録上包み

 

目録を入れる上包みです。
この中に、三つ折りの目録(中入れ)を入れます。

上包みには「目録」 と書きます。

現金を贈る場合は、
こちらの香典袋をご利用下さい。


【弔慰金用 香典袋の書き方】

銀の水引の上に「弔慰金」、
下に差出人のお名前を書きます。

中包み(中袋)の表には
「金百萬圓也」と書きます。

お金を入れた中包みを、
弔慰金用の香典袋の中に入れて使います。

>>> お金の入れ方(不祝儀の場合)

香典袋


【薄墨について】

マナーなどの本には香典袋には薄墨で書くように説明されていますが、
昔ながらの手漉き和紙に薄墨で書くと にじみ、とても書きにくいです。

昔の人は薄墨は使わず、真黒の墨で書いていましたし、当店では手漉き和紙を
使用していますので、薄墨では代筆致しません。 真黒の墨で書きます。



 


 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る