水引館 みずひきやホーム
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   祝儀袋のサイズについて 文字の見本 

ショッピング

祝儀袋(結婚祝い)
祝儀袋(その他)
ポチ袋・ポチ封筒
香典袋(不祝儀)
京水引工芸品
御祝用品
水引素材




How to !

冠婚葬祭の質問集
京水引あれこれ
ご祝儀講座
京水引教室


お買い物サポート
御祝、水引のことなど、どうしたらいいかわからない?とお困りの方。

字の見本
店長におまかせ
お問い合わせ窓口
よくあるご質問
お客様のお声
驚きの商品達
伝統の技を京都から

ご注文方法

ご注文方法・送料等
発送について
メール・FAXでのご注文

 

ご購入額の5%の
ネットマイルプレゼント

ネットマイル

インフォメーション

法律に基づく表示
プライバシーステートメント

個人情報の取扱
会社概要
地図・交通アクセス
店長ごあいさつ
リンク集
更新履歴
メールマガジン購読
新聞・雑誌他掲載
作者ギャラリー

株式会社 水引館(みずひきや)
〒605-0846
京都市東山区五条橋東
6丁目506
チサンマンション605号

定休日:土・日・祝日・
     第3木曜日
営業時間:10時〜17時


【 慰労金・弔慰金に 】 目録 大きめサイズの不祝儀袋

会社役員への多額の慰労金、あるいは亡くなった方への弔慰金を贈る場合の目録、香典袋です。
通常の香典袋よりも、大きめのサイズです。 現金なら200万円まで入ります

多額の弔慰金の場合、お金は振り込み、目録を渡すと良いでしょう。
香典袋の中に小切手を入れる場合、高額でしたら大きめの香典袋がオススメです。

当店では、薄墨は使わず、真黒な墨で代筆致します。薄墨を使わない理由は、こちら
※面倒な目録の代書も承ります!

目録 弔慰金
「弔慰金目録 双銀」
その場でお金をお渡ししない場合に
香典袋 御布施
「双銀 大」
50〜200万円の現金、または小切手の場合に
弔慰金 目録
「弔慰金目録 黒白」
その場でお金をお渡ししない場合に
弔慰金 香典袋
「黒白 大」
50〜200万円の現金、または小切手の場合に

 

>>> 高額のお香典・御布施には、こちら

>>> 御霊前、御香典、御供に使う香典袋(不祝儀袋)は、こちら

 



弔慰金目録例
目録は、左のようになります。
振込日と、お渡しする日が離れている場合は、
振込日をご記入下さい。
渡す日や振込日が未定の場合は、
日付は「平成○年○月」だけでも良いでしょう。

右の見本では、渡す側は会社名だけですが、
「株式会社○○ 代表取締役 田中一郎」のようにしても構いません。
(代表取締役の方が数年で かわる場合など)

 

【目録の上包み】

目録は、上包みの中に入れます ⇒

上包みの【上】には、【目録】と書き入れます。

三つ折りの中入れにお名前を書きますので、
上包にはお名前は書きません。

弔慰金目録 上包み

「弔慰」と「弔意」の違い

「弔慰」⇒死者を弔い、遺族を慰めること (使用例:弔慰金、弔慰規定 など)
「弔意」⇒人の死を悲しみ、弔う気持ちのこと(使用例:弔意電報、弔意を表す など)

ですので、
「弔慰金」とは、遺族を慰めるため、企業などが遺族へ贈るお金のことなので、
「弔意金」とはいいません。


お香典袋への書き方・薄墨について

 

お香典袋の
【上】⇒ 御香典 御仏前 など
【下】⇒ お名前
【中包み】⇒金額を書き入れます (例:金参萬圓也)

金封の書き方(仏事)


中包み裏

■中包みの金額には 「也」 を付けます

「也」は、 ”そのあとの端数はありません” という意味ですので、
お祝いでも 仏事でも 「也」を付けるのが正式です。
ただ、5千円程度の金額で、 簡単な香典袋に入れる場合は 五千円とだけ書いてもかまいません。

 

■中包みの裏には、「〆」 と書きます

「封」をくずした字は 「寿」と思われる方が多いので、 当店では、仏事の場合は「〆」にしています。

 

■中包みに 住所は要りません

市販されているお香典袋には、 中包みに住所を書く欄があるものもありますが、
誰にもらったものかわかる場合は、住所まで書く必要はありません。

ただ、お葬式において、故人の知り合いで、ご家族とは面識がない場合は、ご家族の方にわかるように、ご住所などもお書き下さい。

 

■黒い文字で大丈夫です

「涙で墨が薄まった」とか 「急いで駆けつけたので墨をする間もなかった」などから、
薄墨で書くように言われますが、これも最近言われ始めたことです。

写真のように、本当に墨をすって薄墨で書くと、機械漉きの紙ならうまく薄く書けますが、
手漉きの紙に書くとにじんで、 うまく書けないのです。
当店では普通に黒い字で書いております。

※薄墨で書くことをご希望の方は、ご注文ページの 【ご意見・ご要望】欄に
【薄墨希望】とご記入下さい。
特に会社名など字数が多い場合は、にじんで、 かなりわかりにくい文字になることを、
ご了承下さい。

お香典袋 薄墨

 

薄墨

■【香典】 と 【香奠】 どちらでもかまいません

昔は「香奠」と書いていましたが、 「奠」の字が常用漢字でないため 、「香典」と書く事が多くなって
います。
漢字の意味からすると、「香奠」の方が適切です。

 

水引館では香典袋に毛筆で お名前など書き入れ、 遅くとも翌日には発送しています。
どうぞ、ご利用下さいませ。



不祝儀袋(香典袋)のご注文時のご注意

お香典など(お金)を出す人のお名前を書きます。
連名の場合は、目上の方から右から順番に書き入れます。
ご記入頂いた順に不祝儀袋に右から書き入れます。 (記入例 : 田中 太郎 、鈴木 次郎)
下のお名前の連名なのか、フルネームなのか分かりにくいことがあります。
連名の場合、お名前とお名前の間に「、」などをお入れ下さい。

長い会社名の場合、1行で書ききれません。
特にカタカナ名ですと、どこで区切って良いのかわからないので、
改行箇所に  「(改行)」とお書き下さい。
(例:株式会社 スズキサービス(改行)コーポレーション)
念のため、ご注文の際に【ご意見・ご要望】欄にも改行箇所をご記入下さい。

■不祝儀袋に書く内容が1枚づつ違う場合は、数量を1にして、そのたび毎に
ご記入下さい。

■女性が書いていますので、字がどうしても小さくなります。
特に大きい字をご希望の方は、 「大きい字希望」と通信欄にご記入下さいませ。
できるだけ大きな字で書きます。

■旧の字で、文字化けする場合などは、通信欄に旧の字についてご記入下さい。
(例:「高橋」の「高」は「はしご高」)

■その他、ご希望があれば通信欄にご記入下さいませ。

■文字は好みがありますので、必ず見本をご覧の上、ご注文下さいませ。

■文字が間違っている場合以外は書き直しはできませんので、ご了承下さい。

     >>>字の見本     >>>不祝儀袋の書き方    >>>お金の入れ方








 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る