水引館 みずひきやホーム
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   サイズについて 字の見本 法人様向け商品ページ

  1. ホーム
  2. ご祝儀講座
  3. 質問一覧
  4. 祝儀袋に使われる水引の… 

祝儀袋(のし袋)に使われる水引の結び方の種類は?

祝儀袋によく使われている結びは、下の3つです。


●あわ結び (あわ結び)

結婚祝いでよく使われる結びです。
「解けない結びなので、結婚祝いなど何度もあっては困る御祝に使う」と言われていますが、
関西ではどんな御祝でも不祝儀でも、あわじ結びを使います。


●蝶結び (花結び)

解いて結び直せるため「出産祝いなど、何度あっても良い御祝に使う」と
一般では説明されています。
しかし、これは最近の人が言い始めたことで、本来は正しくないのです。
贈りものに水引を使うのは「この中身は清浄です」と言う意味があるため水引は一度きりのものですので、何度も結び直して使うものではありません。

関東でこの結びがよく使われていますが、
関西ではどんな御祝でも不祝儀でも上の「あわじ結び」を使用します。


●結び切り (真結び・こま結び・本結び)

あわじ結びと同じような用途で使われます。帯締めの結びとしても使われます。
一回結んだだけの簡単な結びのように見えますが、意外と難しいです。

あわじ結び
あわじ結び
あわび結び
蝶結び
蝶結び
花結び
真結び
結び切り
真結び・こま結び・本結び


祝儀袋に使われている飾りは、あわじ結びを応用した結びなどです。

梅結びなど、「この時に使う」という決まりが特に無い結びもあります。

 

●あわじ結びを応用した結び >>> あわじ結びの結び方は、こちら


赤鶴
和み梅
牡丹


●梅結び >>> 結び方は、こちら
梅結び
バラ
天の川

  

そのほか、松葉、竹叶結び(かのうむすび)紫陽花の花の結び などなど、
水引館には多くの結びの種類があります。



●叶結び(かのうむすび)

結び目の表が「口」、裏が「十」に見えることから、「叶結び」と呼ばれています。
一見、蝶結びに見えますが、蝶結びと違って引っ張っても解けません。

叶結び 表
叶結び 裏
叶結び

 



 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る