水引館 みずひきや祝儀袋(のし袋)の水引館 みずひきや
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   祝儀袋のサイズについて 文字の見本 

ショッピング

祝儀袋(結婚祝い)
祝儀袋(その他)
ポチ袋・ポチ封筒
香典袋(不祝儀)
京水引工芸品
御祝用品
水引素材




How to !

冠婚葬祭の質問集
京水引あれこれ
ご祝儀講座
京水引教室


お買い物サポート
御祝、水引のことなど、どうしたらいいかわからない?とお困りの方。

字の見本
店長におまかせ
お問い合わせ窓口
よくあるご質問
お客様のお声
驚きの商品達
伝統の技を京都から

ご注文方法

ご注文方法・送料等
発送について
メール・FAXでのご注文

 

ご購入額の5%の
ネットマイルプレゼント

ネットマイル

インフォメーション

法律に基づく表示
プライバシーステートメント

個人情報の取扱
会社概要
地図・交通アクセス
店長ごあいさつ
リンク集
更新履歴
メールマガジン購読
新聞・雑誌他掲載
作者ギャラリー

株式会社 水引館(みずひきや)
〒605-0846
京都市東山区五条橋東
6丁目506
チサンマンション605号

定休日:土・日・祝日・
     第3木曜日
営業時間:10時〜17時



香典袋(不祝儀袋 金封)の書き方

■ 【上】に書く言葉の書き方

香典袋の【上】に書く表書きの言葉についてはこちらをご参照下さいませ。

【御香典】、【御布施】などを中央に書き入れます。
【下】にはお名前(香典袋に入れるお金を出す人)を書きます。

金封の書き方(仏事)
(例) 香典袋(不祝儀袋)の上: 御香奠
     香典袋の下: 鈴木太郎
   金額: 二万円(金弐萬圓也)

 

■ 【下】にはお名前(お金を出す人)の書き方

お名前は個人の場合はフルネームでお書き下さい。
御礼などで個人としてでなくお家としてされる場合は姓だけでも良いでしょう。

会社としての場合は会社名だけで良いでしょう。
社長の個人的な場合は会社名、肩書きと社長のお名前にされると良いでしょう。

どのような立場からお渡しするのかと言うことをお考えの上お書き下さい。




■ 中袋(中包み)の書き方

中袋(中包み)には金額を漢数字にて書き入れます。(例:金参萬圓也)
市販されている祝儀袋には、中袋(中包み)に住所を書く欄があるものもあります。

お祝の場合は誰にもらったものかわかりますので、住所まで書く必要はありませんが、
お葬式の場合は、故人の知り合いで、ご家族の方とは面識のない場合は住所をお書き下さい。

書く欄のない中袋の場合は、裏の左端に書いて下さい。


簡略不祝儀袋中袋(中包み)だけの簡略な袋や (右の画像⇒)、
水引の掛かっていない印刷の香典袋などは、
御香典としてきちんと渡す場合には、不向きです。

お金を裸で渡すことを嫌いますので、
御香典ではない御車料、御膳料などのような場合にお使い下さい。

 

 

1枚のものは仏事用です。 不幸が重ならないように、と言う意味です。
  お祝は、重なると良いので2枚以上の紙を重ねてあるお祝い袋をお選び下さい。
  お祝いは上包みの紙が1枚だけの祝儀袋も不適当です。

のし袋 手折りのし袋
手作りした、2枚重なった御祝用の祝儀袋

 

直接手で持って香典袋を渡す事は失礼になります。 風呂敷
せめて風呂敷には包んでお渡ししましょう。

  悪い例  良い例  


お香典袋への書き方・薄墨について

金封の書き方(仏事)
ご購入はこちら
>> ご購入はこちらのページへ



中包み裏


水引館では香典袋に毛筆で
お名前など書き入れ、
遅くとも翌日には発送しています。
どうぞ、ご利用下さいませ。


お香典袋の

【上】⇒ 御香典 御仏前 など

【下】⇒ お名前

中包みに金額を書き入れます。
(例:金参萬圓也)


■中包みの金額には 「也」 を付ける
「也」は、 ”そのあとの端数はありません”
という意味ですので、お祝いでも 仏事でも
「也」を付けるのが正式
です。
ただ、5千円程度の金額で、
簡単な香典袋に入れる場合は
五千円とだけ書いてもかまいません。

■中包みの裏には、「〆」 と書く
「封」をくずした字は 「寿」と思われる方が多いので、 当店では、仏事の場合は「〆」にしています。

■中包みに 住所はいらない
市販されているお香典袋には、 中包みに
住所を書く欄があるものもありますが、
誰にもらったものかわかる場合は住所まで
書く必要はありません。
ただ、お葬式において、故人の知り合いで、
ご家族とは面識がない場合は、ご家族の方に
わかるようにご住所などもお書き下さい。


お香典袋 薄墨


薄墨

■黒い文字で 大丈夫
「涙で墨が薄まった」とか
「急いで駆けつけたので墨をする間もなかった」などから、薄墨で書くように言われますが、
これも最近言われ始めたことです。
写真のように、本当に墨をすって薄墨で書くと、
機械漉きの紙ならうまく薄く書けますが、
手漉きの紙に書くとにじんで、 うまく書けないのです。
当店では普通に黒い字で書いております。

※薄墨で書くことをご希望の方は
ご注文ページの 【ご意見・ご要望】欄に
【薄墨希望】とご記入下さい。
特に会社名など字数が多い場合は
にじんで、 かなりわかりにくい文字に
なることを ご了承下さい。



■【香典】 と 【香奠】 どちらでもOK
昔は「香奠」と書いていましたが、
「奠」の字が常用漢字でないため 、
「香典」と書く事が多くなっています。
漢字の意味からすると、「香奠」の方が
適切です。



 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る