水引館 みずひきやホーム
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   サイズについて 字の見本 法人様向け商品ページ

  1. ホーム
  2. 京水引あれこれ
  3. 手漉き檀紙 手漉き奉書 

【京水引あれこれ】 手漉き檀紙 手漉き奉書

 

水引館では紙も手漉きにこだわっています

機械漉きの紙に比べると、その風合いが全く違います!
手漉き和紙ですのでケバ立ちますが、そこが風格があります。

当店で使用している手漉き和紙には、次の2種類があります。
・ 祝儀袋、目録の上包みに使う 手漉き檀紙
・ 中包みや目録に使用している 手漉き奉書

 

手漉き檀紙(だんし)とは?

檀紙とは、ちりめん状のしわのある和紙です。

手漉きでも、上等なのは1枚漉(す)きと言い、 1枚、1枚に、
このちりめん状のしわを作って漉きます。
当然しわの深さも深く、 しわも細かく、しなやかです。
しかし、職人さんもあまりいなく、 なかなか手に入りません。

手漉き和紙ですので、毛羽立ち感がありますが、
手漉き和紙に墨で書きますと、かすれ・にじみが生じ、 これらが一層、
趣をかもし出します。

 

水引館では、2枚漉きと言って、2枚を一度にしわを作って、漉いてある檀紙を
使っています。
1枚漉きの檀紙に比べるとやはり見劣りしますが、手に入りやすさから
これを使用しています。

1枚漉きと2枚漉きを区別する方法は、紙をさばいて少しづつずらすと、
1枚漉きは1枚1枚が均等にずれるのですが、
下の写真のように、2枚漉きはどうしても、2枚がくっついてずれるのです。

手漉き檀紙

祝儀袋の紙としては最高のものです。
水引館の祝儀袋はこの手漉き檀紙を使用しています。
機械漉きの檀紙もありますが、これはどうしてもしわの深さなどが浅く、
薄っぺらな感じがします。

一般に市販されている祝儀袋は、ほとんど機械漉きの檀紙です。

>>> 手漉き檀紙(だんし)の購入はこちら

 

手漉き奉書(ほうしょ)とは?

上質の楮(こうぞ)で漉(す)いた、純白でしわのないきめの細かい和紙です。
杉原紙に似ているのですが、やや厚手で簾目があります。 越前奉書が有名です。

奉書とは、天皇・将軍などの意向や決定を下知する文書のことで、
この奉書を書く紙として多く用いられました。
このようなことから、結納、お祝などの目録を書く紙として使用されています。

この奉書にも、機械漉きと手漉きの奉書があります。
機械奉書はツルっとしていて、手漉き奉書とは風合いが違います。


奉書は写真ではわかりにくいのですが、
字を書くとその違いがはっきりわかります。

機械漉き奉書に墨で書くと、真っ黒な文字が書けますが、
手漉き奉書(左)に書くと、どうしてもかすれ、にじみがでます。 

水引館の目録は手漉き奉書に書いております。

  >>> 手漉き奉書(ほうしょ)の購入はこちら 
  >>> 機械漉き奉書(ほうしょ)の購入はこちら


インターネットで見るだけでも、
一般に市販されているものとの違いがおわかり頂けると思います。

どうぞ、水引館のホームページをじっくりご覧下さいませ!







 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る