水引館 みずひきや祝儀袋(のし袋)の水引館 みずひきや
今月のおすすめ

祝儀袋 のし袋 水引館 ご注文方法 お買い物サポート 買い物かご   祝儀袋のサイズについて 文字の見本 

ショッピング

祝儀袋(結婚祝い)
祝儀袋(その他)
ポチ袋・ポチ封筒
香典袋(不祝儀)
京水引工芸品
御祝用品
水引素材




How to !

冠婚葬祭の質問集
京水引あれこれ
ご祝儀講座
京水引教室


お買い物サポート
御祝、水引のことなど、どうしたらいいかわからない?とお困りの方。

字の見本
店長におまかせ
お問い合わせ窓口
よくあるご質問
お客様のお声
驚きの商品達
伝統の技を京都から

ご注文方法

ご注文方法・送料等
発送について
メール・FAXでのご注文

 

ご購入額の5%の
ネットマイルプレゼント

ネットマイル

インフォメーション

法律に基づく表示
プライバシーステートメント

個人情報の取扱
会社概要
地図・交通アクセス
店長ごあいさつ
リンク集
更新履歴
メールマガジン購読
新聞・雑誌他掲載
作者ギャラリー

株式会社 水引館(みずひきや)
〒605-0846
京都市東山区五条橋東
6丁目506
チサンマンション605号

定休日:土・日・祝日・
     第3木曜日
営業時間:10時〜17時


祇園祭と京水引

祇園祭と京水引

祇園祭 伯牙山なんと、京水引と同じ絹糸を巻いた水引が祇園祭の伯牙山に

使われていました!

平成9年、伯牙山の胴掛等の新調にあたり、

龍村美術織物にて調査の結果、 絹糸を巻いた水引が

胴掛の房の一部に使われていることが判明しました。

2008年7月15日の宵々山の日に、伯牙山を撮影してきました!
祇園祭の山鉾は大半のものが、

天明8年(1788年)の大火によって、焼失し、

その後復元されましたが、この伯牙山は焼失しませんでした。


この絹巻水引の使われていた胴掛は焼け残り、

江戸時代前半のものと思われます。


その当時の絹巻水引が現存していたのです。

その頃は、紙を漉き、その紙に一手間加えた手こぎ水引に、

さらに絹糸をまいた水引ですから、

宝石よりも貴重なものとして取り扱われていました。


宝石より軽いため、丸く結んで宝石のように房のところに使われています。

  当時の伯牙山の胴掛

[当時の伯牙山の胴掛]

この胴掛の新調にあたり、以前から絹糸を巻いた水引、

京水引を作っておりました当社で協力させて頂きました。


現在の胴掛の房の所に、小さく丸く結ばれている

紺と朱の京水引は当社製でございます。


当社では、もともと絹巻水引と称していたのですが、

他社によって機械水引で同じようなものを作り始められたため、

京都への小売店出店を機に、京水引と改めました。
  新調された伯牙山の胴掛

[新調された伯牙山の胴掛]
小さく丸く結ばれてる紺と朱の京水引は当社製でございます。


祇園祭りの伯牙山に使われ、

名実ともに京水引となりました事をうれしく思っています。

当社の京水引はもちろん手こぎ水引からできています。
  房のところの拡大写真

[房のところの拡大写真]
この丸い紺と朱が絹巻水引で出来ています。


伯牙山の方に許可を頂いて、 2008年7月14日(祇園祭 宵々々山) 15日 (宵々山) に

撮影致しました。

当店の水引が、房の部分に使われています。 (写真をクリックすると拡大します)

祇園祭 伯牙山 伯牙山 水引の玉
房部分の、丸い紺と朱が、当店の水引です。

水引に巻いてある細い糸は、人間国宝の方に染めて頂きました。

伯牙山 伯牙山

伯牙山 伯牙山

伯牙山 琴 伯牙山
琴の名人である伯牙。琴も大切に飾られていました。


祇園祭 祇園祭

祇園祭 祇園祭

祇園祭 祇園祭

祇園祭 祇園祭



 Copyright (c)2003 Mizuhikiya. All rights reserved.  サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。

上に戻る